憧れのウェディングは今・・

昔は結婚式となるといろいろと準備も大変でした。

お付き合いしている同士で結婚の意思が固まったら結納の儀を執り行いました。

結納の儀に必要なものをそろえ、通常、婚約指輪についても結納の際に女性側に渡す物でした。

結納の際には仲人さんをたて、仲人さんと相談しながら挙式の準備を行う必要があり何かと面倒なものでした。

現在も結婚に当り、仲人さんをたてて結納をし、それから挙式、披露宴を行うというカップルもいますが、仲人を立てず挙式を行うカップルも非常に多くなっています。

仲人さんは縁談のお世話をしたり結納や挙式などを行う際に、両家の間に立ち、それぞれ両家に角が立つことがないように取り仕切ったものです。
今は新郎新婦が主体となったウェディングが非常に多くなっていることで、結婚という事に仲人さんの必要性が無くなっているのかもしれません。

必要性を感じないという事のほかに、結婚式の形が様々に変化したという事もあるでしょう。

仙台で結婚式をあげられたカップルも、仲人を立てて婚約をして・・・という形式にとらわれず、新郎新婦らしい結婚式、披露宴をあげたいと思っているカップルが多いのではないでしょうか。

もちろん、こうした古来からのしきたりをしっかり守って結婚式を執り行いたいというカップルもいます。
しかし、多くの場合、仲人とたてず自由なイメージのウェディングが多くなっています。

これから結婚式を仙台で挙げる幸せいっぱいのカップルに、挙式や披露宴について先輩たちはどのようなお式を考えたのか、少しでもウェディングのヒントになれば幸いです。